#1 労働災害を減らそう!

林業には危険がつき物です。どういった危険があるのでしょうか?他の産業と比べて事故発生率は高いのでしょうか?

#2 生産性をあげよう!

林業=チェーンソーというイメージかもしれません。チェーンソーやのこぎり、下刈機など1日当たりどのぐらいの生産性があるのでしょうか?

#3 木材需要を増やそう!

木材需要を増やしましょう! では、今の日本の木材自給率をご存知でしょうか。人吉市の森林の面積はどのぐらいあるのでしょうか?

森HACKでは、これらの課題に対して解決のアイディアを考え、プロトタイピングしていきます。

#1 労働災害を減らそう!

労働災害とは、簡単に言うと仕事をしている中で怪我をしてしまうことです。では林業ではどういった怪我があるのでしょう?チェーンソーや大きな機械を使うため、山の中で足場が不安定なため、怪我をしてしまうと重傷になりやすく、病院までも遠いため命を失うことも少なくありません。

林野庁が毎年作成している「森林林業白書」では年齢別や林業における作業別の死亡災害の発生状況が公開されています。

ringyou01

ringyou02

どちらも平成27年度森林林業白書を元に作成

  • 伐木作業=木を伐採すること 造材作業=伐採した木を加工すること
  • 集材作業=伐採した木や造材した木を集めること
  • 造林作業=植栽すること

高齢者が事故に巻き込まれることが多いこと、木を伐採する際に事故が発生することが多いことがわかります。伐採した木は水分が多く、とても重いため、下敷きになると死亡することが多くなります。また林業の現場は歩いていく場所が多いため、救急車がすぐに来ることができないため、怪我をした場合、どうしても間に合わないことが多くあります。

詳しくは以下を参考にしてください

労働災害の発生率は他の産業と比較するとどうなっているのでしょうか。林業の現場は山の中であり斜面が急であったり、岩が多いなど、仕事をする場所としてはとても大変な場所ということが分かります。下の表を見てください。

区分 H20 H21 H22 H23 H24 H25
全産業 2.3 2.0 2.1 2.1 2.3 2.3
林業 29.9 30.0 28.6 27.7 31.6 28.7
鉱業 14.0 14.2 13.9 13.9 9.9 12.0
建設業 5.3 4.9 4.9 5.2 5.0 5.0
製造業 3.0 2.5 2.6 2.7 3.0 2.8
木材製造業 8.3 7.2 7.4 7.9 13.1 11.4

災害の発生度合いを表す千人率を表示(労働者1000人に対して何人が災害にあうか)

林野庁HP(http://www.rinya.maff.go.jp/j/routai/anzen/iti.html)を元に作成

林業の労働災害の発生率が他の産業と比べてみても非常に高いことがわかります。労働災害の発生をいかにして防ぐことが課題です。

#2 生産性を上げよう!

のこぎりやチェーンソーで木を切る場合、どのぐらい時間がかかるのでしょうか。のこぎりで木を切る場合、大変な作業です。また切る人によってスピードに差が出るかもしれません。想像できますよね。チェーンソーの場合はどうでしょうか。のこぎりよりは楽かもしれません。切る人によって違いはあるので消化。では実際はどうなのでしょうか。

1日(6時間)でどのぐらいの木材を1人で生産できるかを表す目安として労働生産性という言葉があります。伐採する際の労働生産性はどのぐらいでしょうか。長野県の調査によると以下のような結果が公開されています。

作業機械 樹種 労働生産性(m3/人・日) 経験年数
チェーンソー カラマツ 51.42 5年
39.30 1年
35.10 2年

長野県調査結果より抜粋

木を切る場所の斜面の傾斜や切る人の経験年数などによって大きく労働生産性に幅ができます。

下刈(草を刈ること)の場合、刈払機という機械を使用します。その場合の労働生産性は宮城県の調査によると1日当たり0.23haしか実施できません。これは下刈を行う場所が木があまり大きくない場所で夏場に行うため非常に暑い、平地ではなく傾斜があることが原因です。

林業就職支援ナビより

#3 木材需要を増やそう!

現在の日本の木材自給率は31.2%となっています(平成27年度森林林業白書より)。しかし、昭和30年(1955年)では木材自給率は100%に近い値でした。木材自給率が低くなってしまった原因は、海外の安い木材の輸入や国産材の木材価格の低迷などがあります。木材価格は最も価格が高かった昭和55年では、スギ丸太1m3あたり39,600円でした。平成25年では11,500円と約三分の一の価格となっています。

人吉市は周りを山に囲まれています。山には多くの森林が広がっています。では人吉市の森林の面積はどのぐらいあるのでしょうか。2010年世界農林業センサスによると人吉市の森林面積は15,883haとなっています。これは人吉市の面積の約76%が森林ということになります。